オンサイト・サービス型

パソコンの修理形態には、どのようなものがあるでしょうか?まず、パソコンが使われている現場に技術員が赴いて、その場で修理をしてくれるという形態があります。(このような形態のサービスは、英語でオンサイト・サービスと呼ばれています。) この場合には、お客様がコール・センターに電話をして修理を依頼することになりますが、そのコールをした時点から実際に技術員が現場に到着するまでの時間によって、サービス料金を変動させることもあります。

オンサイト・サービスの種類

例えば、電話をしたらその日のうちに現場に来てくれるという保守契約の料金は、電話があった日の翌日までに現場に到着するという内容の保守契約料金よりも、高くなっているわけです。このようなサービスの分類は、理屈の上では簡単ですが、実際には、現場が離れ小島にあった場合にはどうするのか等、色々と考えなければならない点があります。それに、東京エリアだけでしか活動をしていない会社であるならば、地方の現場まで行くのは無理と言えるでしょう。

クーリエ・サービス型

このようなオンサイト・サービスの他には、クーリエ・サービスと呼ばれる形態もあります。これは、お客様のもとに伺ってパソコンを引き取りに行き、そのパソコンを修理工場で修理して、修理が完了したパソコンをまたお客様のもとに配送するという形態のサービスです。このような形態にすれば、パソコンの配送の部分は宅配会社に頼めばよいということになります。また、この形態の応用として、修理工場にお客様がパソコンを持参するという形態のサービスを考えることもできます。

パソコンの修理にかかる費用の特徴はパソコンの状況に応じて異なり、事前に見積をしてもらうと金額を比較して選べます。