リサイクルペーパーのコピー用紙

自然環境を考えて作られるようになったのが、リサイクルされたコピー用紙になります。おもな原料は古紙やパルプなどが使われることが多く、色んなメーカーが自然環境を考慮したリサイクルペーパーのコピー用紙を生産していますよ。リサイクルペーパーのコピー用紙は、やはり真っ白な紙というわけにはいかないので、古紙配合率や白色度が何パーセントなのか記載がされています。そのため、リサイクルペーパーのコピー用紙を購入する時などは、そういった情報を参考にするととても便利ですね。

両面印刷用のコピー用紙

両面印刷用のコピー用紙ですが、その名の通り両面に印刷するのに優れたコピー用紙です。両面印刷用のコピー用紙は、通常のコピー用紙より厚手になっているのが特徴で、印刷するプリンターによってインクジェット専用のコピー用紙とレーザープリンタ専用のコピー用紙とにわけられています。もちろん普通のコピー用紙でも両面印刷することは可能ですが、印刷した際に裏面にわずかにインクが染み出てしまうこともあるため見た目が悪くなります。その点、両面印刷用のコピー用紙は裏面に染み出ることもなく綺麗に印刷することができます。

色付きのカラー用紙のコピー用紙

コピー用紙事態に色がついているのが、カラー用紙になります。カラーの種類にはピンクや黄色に緑、青などがありパステルカラーでとても明るく柔らかい色になっているのが特徴です。カラー用紙事態に色がついているという点で、モノクロ印刷をしても印刷物が目立たせる効果がありますよ。ただし、カラー用紙を使用してカラー印刷をしてしまうと、色調が本来のカラー印刷と異なってしまうので注意が必要ですね。カラー用紙の場合は、会社などのオフィスで使用するより保育園や幼稚園、小児科などの病院などで使われることが多いです。

コピー用紙は事務所やオフィス、家庭でもよく使うものです。少しずつ買うよりも、まとめて買ったほうがお得に買うことができます。